【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイというのは、目薬を使うことによって自然に症状が収まってくることでしょう。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。

 

そもそもドライアイというのは眼の水分が少なくなってしまい、眼が乾いてしまう状態になることを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。
レーシック手術とドライアイについての知識をまずはしっかりと把握しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性ブログ:20/08/10

シェイプアップを頑張ろう!
こう思っても、そのシェイプアップが自分に合ったものでなかったら、
きっと続かないし、続かなければ成功もしませんよね。

例えば、
野菜が苦手な人が
早く痩せたいからとキャベツシェイプアップをやることにした…
続ける事ができそうだと思いますか?

むしろ、始める前から
気持ちが憂鬱になってしまうんではないでしょうか。

前向きに、気持ちを高めつつ、
楽しめなければ、なかなか成功は難しいシェイプアップ。

シェイプアップには、
人それぞれに合ったシェイプアップというものが必ずあります。

私も様々なシェイプアップを試してきましたが、
「食べながらのシェイプアップ」
これがいちばん合っているシェイプアップでした。

いくら張り切ってシェイプアップをしていても、
合わないシェイプアップであれば、成功率も低くなりますよね。

どれが自分に合っているのか?
これは実際にやってみない事にはわからないかもしれません。

しかし、
たくさんのシェイプアップを、一つ一つ試していてもきりがありません。

これは
オレが実際に試してみた中で感じた事なのですが、
手当たり次第、とりあえず実行してみるのではなく、
まず、いくつかシェイプアップをピックアップしてみる…

次に、やるにあたり、何処が難しそうか、または続けられそうか…
これだけをまず書き出して見てください。

短所がたくさん書き出されたシェイプアップは、
恐らくそのうち挫折したり、飽きてしまうはずです。

この方法で、最後まで残ったシェイプアップは、
自分にとってあまりマイナス点がなかったシェイプアップだと思います。

この、自分にとってマイナス点が少ないシェイプアップを見つける。
これが続ける為に大事な事の一つだと、オレは考えています。