【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査


【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。




- お勧めの情報 -

フコイダンクリック
URL:http://lmf-assoc.jp/
フコイダン


【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:20/07/31

今日はなんとなく思った事を書きますね

減量に成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは肉体の働きにも備わっており、
減量していても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
肉体もエネルギー消費しにくい肉体にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「減量に成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんな減量やったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身で減量を失敗させようとする」のです。

これが本能的に
減量に成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
減量成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい肉体」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない肉体」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、減量は成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

明日はいい日だ。がんばろ~^^

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

★メニュー

【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方の視力を取り戻すレーシック情報