【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能

レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。



【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能ブログ:20/08/23

皆さんは、
「きなこシェイプアップ」ってご存知ですか?

きなこを直接摂取するだけという非常に手軽なシェイプアップ法…
それが、きなこシェイプアップです。

牛乳などの飲み物やヨーグルトに混ぜたりして摂取できるので、
朝食代わりに実践している人も多いようですよ!

きなこは周知の通り、
大豆から作られていますが、
大豆には、イソフラボンが大量に含まれていることは有名ですよね。

他にも、大豆サポニン、食物繊維や大豆ペプチドが豊富に含まれており、
高タンパクで色々な栄養素が含まれているので、
シェイプアップ食材としては優等生ですね。

きなこには、基礎代謝を高めて、
脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。

しかし、きなこ単品では、
シェイプアップ効果はあまり期待できないようです。

また、短期間でシェイプアップ効果を望むようなものではなく、
日常的に取り入れることで効果を発揮すると言われています。
ご飯に取り入れたりして、色々な工夫が必要ですね。
豆乳に混ぜて飲むのが理想的とされています。

どちらかと言えば、
きなこはシェイプアップ食品というよりも
健康食品の意味合いが強い食品です。

でも、ご飯の30分くらい前に、
きなこ入り牛乳や豆乳を飲むことで、
ご飯の摂取量を抑える効果がありますから、
結果としてダイエット効果が期待できるわけです。

ただ、高タンパクではありますが、
筋肉を多少でも増強する運動を行わなければ、
その効果はそれほど期待できません。

やはり、食べるだけでなく、
筋トレなどの適度な運動も必要ということになりますね。

今日は、ここまで。