【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。



【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:20/10/29

「板チョコダイエット」って
みなさん聞いたことがありますか?

通常のダイエットと言えば、
「お菓子をやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
板チョコも食べるという
女性にとっては魅力的なダイエット法なんです!

板チョコそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、板チョコに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、板チョコを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前に板チョコを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、板チョコには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

板チョコと言えば、
「甘い」とか「お菓子」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、ダイエット効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上の板チョコを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通の板チョコとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

ダイエット効果がある板チョコ、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。