【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。



- お勧めの情報 -

フコイダンクリック
URL:http://lmf-assoc.jp/
フコイダン


【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:20/11/14

私達夫婦のケンカは、かなり強烈です。

お互いに、
この時とばかりにお互いに溜まったものを吐き出すので、
何ヶ月も前の話を出してきたりして非常に過激です!!

とは言っても、
お互いに家から出て行くことはなかったんですね。

ところが…
1週間位前、私の奥さんはついに失踪しました。
どちらかが、家を出て行くのは初めてのパターンでした。

もう一度、あの時のことを検証していくと…

雨の日が続き、気分的にもうっとうしい日が続いた。
奥さんの体調がかんばしくなく、イライラしていた。
私も仕事が多忙で、イライラしていた。
イライラする分、細かく口やかましくなっていた。

…などなど、とにかく、
お互いにイライラを募らせた日々が続いてたんですね。

そんなある日、
私が仕事から帰ってみると、奥さんの姿はありませんでした。
ただ、真っ暗な部屋がボクを待ちかまえていました。

そして、
まるで私の帰りをどこかで見てたかのように、
一通のメールが届きました。

「出て行けと言われたので、出て行きます…」

その後、
一人でライスを作り、一人でライスを食べて、
一人で後片付けをして、一人でテレビを見て、一人で洗濯物をして、
一人でお風呂掃除をしました。

カレーライスを作ってみました。
自分で言うのもなんですが、おいしいカレーライスができました。

でも、「おいしい!」と発した言葉が、
テレビの声にかき消されていきます。

テレビを見ていても、
私の笑い声だけが虚しく消えていきました。
一緒に分かち合ってもらない孤独感は、本当に寂しいものでした。

奥さんはふつか後に帰ってきてくれましたが、
あのままだったら、
私はおかしくなっていたでしょう…